気づき

私がコラーゲンドリンクを飲み始めたのは年齢も30歳になって、様々なことが若い頃とは同じようにはいかないということに気づいてきたからであったからだ。朝に起きると目じりのシワに薄いシワが残るようになる。笑いジワが目立つようになる。そういったことが気になる年齢になってきたのである。その頃に肌のことを気にし始めて、飲むようにしてきたのがコラーゲンドリンクだったのである。このコラーゲンドリンクは1日ですぐに変わるという即効性が期待できるようなものでは私の場合なかったのであるが、飲み続けることによって感じた、気づきというのが私の中で大いにあったのである。そのコラーゲンドリンクを飲み続けることによって感じた気づきをここでおはなししておく。
まずコラーゲンドリンクを飲み続けることによって感じた気づきとしては、翌朝の化粧のりの違いに対する気づきなのである。これは初めて2週間くらいで私は感じるようになったのである。今までは私は朝に化粧をするとどこか顔色が悪いとかそういったふうに見えるようなのが特徴であった。その原因としては、連日の仕事の残業もあるのであるのであるが、毎日一人でお酒を飲むことや加えてタバコを吸うので、その辺がもろに肌にダメージを与えているのであった。しかし、コラーゲンドリンクを飲み続けることによって、その私の翌朝の化粧のりの変化の気づきを感じることができたのであった。2週間後には明らかにこれは違うぞということで、朝に化粧をすることが楽しみになってきたのであった。今まで、コラーゲンドリンクを飲む前には化粧というのは、自分をごまかすとか欠点を見えないようにする。どこか隠すということが主体に置かれていたような気がするのである。とこらが、コラーゲンを飲み続けるようになってからは、化粧は隠すのではなく、自分を演出するもの、自分の良さを引き出すものに変わってきたように思えるのである。その変化は私にとっての気づきなのである。